ki-ki-blog

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。

テレビで見た井上選手や村田選手の真似したんだけどとりあえず何からすりゃいいのか

スポンサーリンク

ずっとやりたかったキックボクササイズを始めて早2年。週1回の活動なので、テレビで見るようなきれいなパンチやキックとはまだまだ無縁。。。

ですが、ジャブ打ちだけはうまくなってきたので、ここでは自分なりに学んだジャブ打ちのコツをお伝えしようと思います。

 

 

 

ミットに当たるまで力を入れず、当たる瞬間のみ力を入れる

初心者が初めてミットをたたくと、ついフルスイングで思いっきり殴ってしまいがちですが、これだと無駄なパワーを使います。また、そのせいかあまり体力も持ちません。

なので、ミットに当たる瞬間までは力はそれほど必要ないと思います。どちらかというと、速さのほうが重要です。

 

ミットに当たった瞬間に素早く手を引く

ミットに当たった後、ついそれで満足してしまって体がジャブを打ち終わった状態のまましばらくそれをキープしてしまいがちですが、これはだめ。素早くこぶしを元の位置に戻しましょう。

 

ジャブを打ったあとはガードできる位置にこぶしを戻す

打ち終わった後のこぶしは、つい下げてしまいがちですが、これだとスパーリングの際は間違いなくカウンター食らいます。鼻血出ます。。。なので、打った後はすぐガード!!

 

ジャブのコツについては以上で。次も学んだことを随時お伝えいたします!