ki-ki-blog

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。

ノーズガードのヘッドギアをつけても、まともにくらうと鼻血が半端ないことがわかった。

スポンサーリンク

今日は週に一度のキックボクササイズの日。

と、いっても、キックはミット打ちだけなので、ほとんどはボクシング。

大体2時間弱やっています。

そこで、毎回やるのはマススパーリング。

これは、すんごい思いっきりやるのが”スパーリング”だとすると、少し軽めに

行うスパーリングのことらしい。

 

で、今日もそれやりました。

 

以前からよくやっていましたが、昔鼻を手術した自分は軽くパンチくらっただけですぐに鼻血ぶー。。。

 

あまりに頻繁に鼻血が出ると相手にも悪いので、半年くらい前に鼻の防御力が

高いヘッドギアを買いました。

 

それはノーズガード付けヘッドギア!

 

 

 

 

鼻血がでやすい人はぜひおすすめ!

 

 

半年ほど使ってみた感想はこちら

 

 

防御力が高い

ヘッドギアもいろんな種類がありますが、鼻をしっかりガードしているのはこのノーズガード付きのやつだけ。なので、

これつければ、鼻のところまでしっかりとガードされているので、軽いパンチが

当たっても鼻血が出ることがありません!以前はすぐ鼻血が出るのでマススパ中止で止血という流れがあまりに多かったです。これでは相手にも迷惑だったので、今回ので解決しました!

 

やや値段は高い

普通のヘッドギアと比べると、値段は4、5000円高いものが多いように見えました。なので、鼻血に悩んでいない人は特に買う必要ないかもです。

 

・視野が狭い

実際にかぶってみるとわかるのですが、鼻の位置がしっかりとガードされている分、視野が非常に狭いです。まあボクシングルールならまだなんとかなるかもですが、困るのはキックボクシングルールでのマススパ。

・・・ローキックが全然見えません(涙)

あと、近距離で連打を受けるともうわけがわからなくなります。元々ガードを高く上げているので視野が狭いうえ、ヘッドギアのせいでさらに視野が狭くなるからです。

なので、キックボクサーには向いていないかもと感じました。

 

防御力は高いが、まともにパンチくらうとやっぱり鼻血でる

一番言いたかったのはこれ。もうこれだけしっかりとしたノーズガードなら、もう鼻血なんてそんなでないだろうくらいに思っていましたが、本日マススパにしては少し強めなパンチをまともにくらってしまい、鼻血出るわ出るわ。。。

少し前にあった「亀田に勝ったら1000万」企画に参加したジョーブログと亀田京之介のスパーリングの時並みにでました(わからない方はYouTube見れば載ってますよ~)。なので、万能ではないことに気をつける必要があるのかなと。

 

 

 

以上、メリットもデメリットも書いてみました。ヘッドギアを買おうとしている人や、鼻血でやすい人はぜひ参考にしてみてください。