ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。



【スポンサーリンク】




小2の息子が漢字できなさすぎるんだけどどうすりゃいい?

スポンサーリンク

冬休みもあと2日。息子の宿題をチェックしたら、漢字練習帳ができていない。急いでやらせてみると、1年の漢字は書けないわ、書いてもなんか文字というか外国人が書いた漢字みたいな書き方でひどすぎる。。。

f:id:ki-ki-blog:20190106165306j:plain

これは何の文字??

で、勉強するとすぐに飽きる、キレるでうちの嫁もぶちぎれてしまい、自分にバトンタッチ。さて、どうやってやれるようになろうかな

 

 

まず、今から行うことの目的を共有

子供の勉強って、ついドリルやテキストをやること自体が目的のようになってしまいがちですよね。わかっていても。でも本当の目的は、今回だと正しい漢字を読み書きできるようになることだと思うので、それを子供と共有した。たぶん勉強しろ勉強しろ言っても、今の子供はなかなか動けない子がほとんどだと思うので、目的をはっきりさせた。

わかるところから埋め、わからないところを調べさせた

問題って、つい順番通りに問いてしまうけど、よく考えてみたらそんなん別にどうでもいいのかなと。最初から順にやらせて、たまたま知らない漢字ばかりだったら息子もモチベーション下がってしまうので、まずはできるところからやらせるようにするとモチベーションが上がると思います。

調べた漢字は、まずはお手本をなぞらせてから漢字ノートで練習

調べる辞書はこれを使用。こういう辞書なら子供も調べる気になってくれるのかなと。

 

f:id:ki-ki-blog:20190106180421j:plain

いつも使っている辞書

f:id:ki-ki-blog:20190106180455j:plain

辞書の中はこんな感じ

 

そして、調べた後は、まずは漢字ノートに練習させてみたのだが、効率が悪い。。。なので、まずはこの辞書の右上にある感じをなぞらせることにしてみた。最初から漢字ノートに書かせてしまうと、まるでなにかを見ながら書いた絵のような漢字になってしまったので。。。なのでまずはお手本を徹底的になぞらせることで漢字の概要みたいなのをイメージさせるようにした。そして、そのあとに感じノートに練習。その際も、普通に練習させると、ノート1列に同じ漢字を書くのが通常の使い方だが、目的はあくまで漢字の読み書きをできるようになることなので、できるようになるまで書いた。つまり、苦手な感じは2列書き、逆にすぐに覚えた漢字なら3回くらいしか練習しないようにした。嫁が勉強を見てあげたときはここを誤り、なんでもかんでも1列練習させようとしたので、息子はここで気が滅入ってしまい、嫁もそれによりきれて終了してしまっていた。

最後に漢字帳で本番

何度か漢字ノートで練習したら、いよいよ本番と称し、実際の宿題やテキストの問題のページに漢字を書く。その際、これは本番なので、たとえ漢字自体は合っていても、書き順が違ったり、文字のバランスが悪い、トメハネができていなかったら問答無用で書き直しさせる。こうさせることでプチテストのような感覚で漢字帳を進めさせた。

 

 

いろんなやり方があるかと思いますが、うちはこのやり方でなんとか子供のモチベーションを保ちながら目的である漢字の読み書きをさせることができました。もし漢字の教え方で悩んでいたら是非参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】