グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




小2長男が未だオムツがとれないので困ってます

スポンサーリンク

 

みなさんの息子はおむついつくらいにとれました?

 

うちの小2長男がなかなかオムツがとれなくて、困ってます。

最近こんな記事(参考:小学生のおねしょは簡単に治ります | プレジデントオンライン)も見ましたが、頻度もほぼ毎日なので、今回はオムツがとれることと夜尿症について書きたいと思います。

 

うちの息子も保育園の時は漏らさず放尿できていた

息子がいっていた保育園は、オムツしないで1歳でもパンツで過ごす保育園でした。「おもらしすることによる不快感により、早くおしっこできるようにする」を狙いとしているみたいです。で、確か1歳クラスのときに「排尿が一番よくできてます」って褒められたんだけどな。そんで、家でもトレーニングして、何回も何回も失敗しても笑顔でじっと耐えてがんばったんだけどなー。

 

寝る前のトイレと水分規制してもダメでした

年長になってもとれなかったので、これはやばいと思い、寝る前に確実にトイレにいかせることを徹底してみました。でもこれでもだめでした。まず、トイレにはいくんだが、「でなかったー」といって、何もださないまま帰ってきてしまったので。。。で、次は寝る前に水分をとるのを禁止にしてみました(もちろん、のどが渇いたというときは少し水は飲ませていましたが)。でもこれでも効果なし。

 

もうやばいので病院に。夜尿症の薬を使用

2年生になっても状況は変わらず。これはやばいと思い、小児科へ。そこで処方されたのが夜尿症の薬。使い方は、寝る前1時間前くらいから、水分は多くてもコップ1杯にして、あとは口に入れるのは薬のみ、という方法でした。これを守らないと、よくわからないのですが薬の副作用で頭がぼーっとしたり痛みがでることもあるとのことでした。

で、1ヶ月ほど夜尿症の薬を使ってみてました。記録をとりながら。でも、薬飲むと成功するけど失敗のほうが圧倒的に多い。。。一ヶ月の結果もこんな感じ

 

f:id:ki-ki-blog:20190123230821j:plain

1か月のおねしょの記録


 結局改善せず。今度はより効き目の濃い薬を処方

で、小児科に1か月の結果を見せにいくことに。この時期の小児科は、受付はがらがら。だって、みんなインフルで待合室にいれず、車の中に待機しているから。確かに駐車場がいっぱいだからやべーと思っていくと、中はがらがらだったから。で、いよいよ診察。先生からは、

「薬の効果が薄いから、もっと濃く、量を倍にして様子を見ましょう」

とのこと。まあ仕方ない。で、今度は2か月分くらいもらいました。ここからまた記録をとってみます。

 

 

 

上記の写メの通り、薬を飲むとおねしょしない確率はかなり高くなりますので、薬自体に効果はあると思います。これによっておねしょしない日が続くことで自信をもち、早くオムツがとれてくれることを期待しています。

進展があったらまたこの場でご報告致します~。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】