ki-ki-blog

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。

剣道の大会で初めて大会準備と当日運営やる人必見

スポンサーリンク

長男と自分が通っている剣道道場が〇周年ということで記念試合を主催しました。準備から始めて、当日の運営も手伝ったのですが、これがまた激務。。。計100チームほど集まりましたが、ほんと大変でした。今回は準備に何が必要かを説明していきたいと思います。

 

事前準備

まず、参加してほしい道場への開催連絡。これはメール等で軽く伝えてからの正式な手紙を出すといった方式でした。で、その手紙の準備。案内、駐車場案内、申込書を封筒に入れて出すという作業をやりました。あとはトロフィーとか、景品の準備も事前に行いました。

 

前日準備

会場入りして、いろいろかくと山ほどありますが、大雑把にいうとこんな感じ。

  • コート作り

コートをテープで作る、時計係や次の試合の掲示用の紙を用意する机の準備、紙を貼る掲示板の準備、筆記用具とストップウォッチの設置

  • 来賓の場所作り

机、花、来賓という達筆の紙の準備

  • その他

寒いので暖房用の灯油用意、来賓用コーヒー準備、入口で配る靴をしまうようのビニール用意

  • 駐車場案内作り

今回は会場が中学校だったので、野球の内野に車が入らないようにポールを立てたり、車を止める場所の目印としてポールを用意。あと、この季節なので雪かきも。

 

当日の役割分担

  • 駐車場係

来た車の誘導。駐車券をもっている車は近い場所に案内し、そうでない車は第2駐車場へ案内。会場と第2駐車場それぞれにスタッフを配置し、トランシーバーで連絡をとりあった(余談だが、生まれて初めてトランシーバー使えたので満足♪)

  • 会場係

来賓へコーヒー出したりする世話係、司会進行係、受付係、弁当を注文して受け取り、配布する係。あとはコート係となります。ここが重要。大会なので。まず、時計係、時計の旗を揚げる係、次の試合の紙を用意する係、記録係。こんなところですかね。

 

自分は記録をつける係をやったのだけど、これがまたおもしろい!間近で試合がみれるからです。しかも担当が第1コートだったので、決勝とか重要な試合も間近でみることができ、これだけでも自身の稽古に随分参考になりました。でも、この記録係ってすごく重要。だって試合経過とかってみんな見るし、審判も見るので。なので大きく正確に書くことを心掛けました。また、審判の声が小さかったり、聞こえないときもあるので、打突をきちんと見ておく必要があると感じました。なので、記録係は剣道経験者が配置されるのが望ましいのかなと思いました。

 

以上、大会の準備と当日の運営のことを自分が見たり経験した限りですが書いてみました。あまり準備に関する記事がないように見えたので、ぜひ参考にしてみてください。