ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。



【スポンサーリンク】




2019年J1 第2節 名古屋対C大阪

スポンサーリンク

さー、とうとう名古屋ホーム開幕戦です。

試合前には楢崎選手の引退セレモニーもあり、サプライズで川口選手がきていました。

お客も19000人と、瑞穂にしてはかなりいい数字でした(Jリーグ1,2年目の時は22000年くらい入ってた気がしてたんだけどまあいっか)。

試合の方は、お互い開幕戦を無失点で制している同士の対決でしたね。前半27分くらいから前半終了までは、長男の英語のお迎えがあったので見れませんでしたが。ではいつも通り、試合の所見を書いていきたいと思います。

 

 

宮原

 

ファーストタッチのトラップをミスったが、前半はいつも通り右サイド攻めが多かったのでボールに絡むことが多かった。65分はペナルティ内でハンドしてしまいましたがハンド判定されなかったのでセーフというところか。

 

ジョー

 

相馬からのセンタリングを中央でジョーが落としシュート。ジョーの落としはさすがですね。ただ、75分には珍しくボールをキープできなかった。あまり見られないシーンでしたね。

 

シャビエル

 

フットサル経験者だけあって、足裏がほんとうまい。まあそれ以外もうまいですが。囲んでもとられない技術はさすがです。例えば前半7分のファウルされたプレーとか。

62分のペナルティエリアでのボールさばきとか。今日はボールタッチのすごさが前節よりよくでていたと思います。ボールキープできる時間も長かったからかなと。

相馬

 

最初のセンタリングや、前半10分の前が空いていたら積極的にシュートをうつなど、相変わらずのアブレッシブさがまた若い!守備も、ボールとられた瞬間にすぐ戻って相手を遅らせるなど、体力もめっちゃあるなーと感じました。あと、どうでもいいですが顔がなんかヤットに似ていると感じたのは俺だけですかね笑。

 

米山

 

随所でハードプレーを見せてくれました。前半あわやケガで即交代かと思いましたが、その後のジョーへの縦パスはさすがでしたね。シミッチへのマークが厳しくなったし、どちらかというと守備がうまい米山がこのような縦パスを出せるようになると、よりパスがつながりやすくなるでしょうね。57分のコーナーのこぼれ球をダイレクトシュートしたのは意外性があっておもしろかった。

 

吉田

 

前半20分のドリブルからのセンタリング早かったですね。後半は左サイドの攻めが多くなったので、ボールに絡む機会が多かった。58分の相手2枚抜きはびっくりした。こういうプレーもできるんだというのを名古屋サポも認識できたのではないでしょうか。64分のこぼれ球シュートも、サイドバックとしては珍しいシュートでしたね。

 

前田

 

前節はスタメンだったが、今回は後半アタマから登場。ファーストタッチから細かいボールタッチをし、攻撃する気満々なのが非常によいと思います。60分の勝負も、ゴールライン超えてしまいましたが、これもアグレッシブさが感じられました。

 

赤崎

 

出てきてすぐのカウンターも、通常は再度にはたくところを中央にパスしたところが、アグレッシブさがでていました。得点シーンも、あそこからのシュートはこれまでの試合の中でもありましたが、ループっぽいシュートが打てるのはさすがでした。あまり試合テンポが変わらない中でいい時間帯に得点できましたなと。91分の、前に出せないけどボールキープしたまま下がって、少し長い時間ボールもてるのはさすが。あと2点目。無回転?ワンバンしてのあんなシュート打てるなんて、シュート技術高すぎ!

 

小林

 

米本の加入もあり、今年は控えに。J2の時は無敵でしたよね。ロスタイムに登場。このような選手が控えていると思うと本当に心強い。

全体

 

・守備の際、ボールをとりにいくところがはっきりしているように感じました。あと、陣形もコンパクト。人と人との距離が近く、いい感じだったと思います。まるでベンゲルの頃みたいでしたね。

 

・サイドから攻め、つまったら真ん中に戻してからの逆サイドからの攻め。横を広く使えている場面があったのはよかったなと。

 

・前半53分のつなぎ、DFラインからボールを奪ってから、そのままショートパスでつないでいこうとしていました。結果としてうまくいきませんでしたが、自陣で空いても余裕でマークついている状態からパスをつなげようとしたチャレンジがすごいなと。これつながるようになったらどんだけ強くなってしまうんだろ。

 

・前節、今節と、ポゼッションサッカーを目指すチームとの試合でしたが、それを跳ね返すかの如くボールをキープできるサッカーはさすがです。これぞ風間サッカー!試合も2-0とまたまた完封勝利!

 

【スポンサーリンク】