グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




初めて仕事以外で人に頼まれてツールを作ってみました

スポンサーリンク

普段仕事で組み込みエンジニアとして組み込みソフトウェアの開発をしていますが、今回次男の通っている保育園から、卒園文集のアルバム作成を正式に頼まれたので手伝ってみました。

 

内容としては、写真や画像を貼り付けて文集を完成させると言うものです。これをExcel VBAで作ってみました。仕事以外で人に正式に依頼されてソフトを作るのは初めてだったので今回はそのことについて書きたいと思います。

 

1人で自分用のソフトを作るよりも緊張感を持ってできる

今までは、自分のためのツールを1人で作っていたり、会社で自分の作業が楽にできるようにマクロ組んだりすることが多かったですが、どうしても途中でモチベーションが下がってしまうことがありました。

 

また、少しでも何かつまづくとだんだん集中力が切れて最悪の場合はツールの作成もストップしてしまうこともしばしばありました。

 

その点、人から頼まれたものは、納期というか、ここまでに欲しいと言う正式な依頼があるのでそれにはどうしても応えないといけない。

 

なのでやる気が全然違いました。そのせいか、仕事から帰った後で夜の1時までツールを作ったりしていました。自分用のツールだったらおそらくここまではできなかったと思います。

 

なんだかんだでやってみると発見が多い

今回やった作業としては、顔写真データが入ったフォルダから顔写真を取り出して、それを指定の大きさにして指定の場所に貼り付けると言うものでした。

 

他にも手書きで書いた手紙の画像を貼り付けるとかありますが基本的にはこのように、

・画像を取り出す

・変形する

・貼り付ける

この3つの作業でした。

 

そして1ページに4人分のデータを乗せて4人載せたら次のページに来ると言うような内容でした。聞いてみると非常に簡単にできると思って取り掛かりましたが、やってみると目が案外難しかった。

 

まず何枚の画像を取り出すかを選択可能なようにする処理。こちらは自分がよくわからんかったのでネットでサンプルコードを調べてそれを打ち込みました。

次に、あらかじめ職員が入力したメッセージをテキストボックスにして、さらにフォント書体を変えてそれを貼り付けると言う作業に取り掛かりました。

 

こちらはテキストボックスを作ること自体はすぐにできたのですが本当の正体を変えると言う処理がどうしても出来ませんでした。また困ったのは実際に貼り付けた後で、もともとのデータが文字が長すぎたりしてページに収まらないようなテキストボックスとなってしまったことでした。

 

これについては、まずテキストボックスにする前に、文字列操作をさせることで解決しました。今回やったのは、最初の6行までは20文字で改行、それ以降は30文字で改行30文字で改行し、そこまでをExcelで行った上で、マクロにてテキストボックスにすることで解決させました。

 

やってみた感想

ギリギリになってしまいましたが何とか無事完成しました。保育園の先生たちもあまりこのような自動処理に慣れていなかったので実際にボタン一発で文集が出来上がる様を見せるととても喜んでいたので非常にやりがいがあると感じました。

 

組み込めエンジニアだとエンドユーザーの喜びはなかなか見ることができないので、今後も知り合いの助けをすることは、相手はもちろん、自分の成長にもなることがよくわかりました。また依頼があったときはここに書きたいと思います。

【スポンサーリンク】