ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。



【スポンサーリンク】




ブログ記事の入力時間を3分の一に減らす方法

スポンサーリンク

皆さん1つのブログの記事を書き上げるのにどれぐらいの時間掛かりますか?

 

まぁこれは文字数にもよるので何とも言えないのですが、今回は入力を素早く行う方法について紹介したいと思います。

 

先に結論を言ってしまうと、音声入力が最強です。

 

もともとはずっとブラインドタッチでひたすら入力していた。

多分ブログを書く人のほとんどはパソコンで記事を更新することが多いと思います。

 

その際、ブラインドタッチの能力を使ってぱぱっと記事を入力するようなことが多いのではないでしょうか。

 

自分もそうです。これまでそうしていました。

 

しかし、大体1000文字位打つとなるとなんだかんだ言って大変だなと感じるようになってきました。

 

 iPhoneでの音声入力

そこでやってみたのが音声入力。

f:id:ki-ki-blog:20190310145102p:plain

今この記事もiPhoneの音声入力で記事を書いております。

 

自分のやり方としては、左手にiPhone、そして机の上にPCを置き、PCで調べたことをiPhoneに向かって読み上げる、また記事に書きたいことをひたすらiPhoneに向かって喋る、と言うような形で記事を書いております。

 

このやり方やってみると、キーボードで入力するよりも記事の入力が速い速い!

 

多分キーボードで打つよりも3分の1位の時間で入力ができてしまっていると感じています。

 

iPhoneでのの音声入力での記号入力方法について

実際に音声入力をやってみて、よく使ったり、便利だと思った音声入力方法を紹介いたします。

  • 「・」を、打ちたいときは、「なかぐろ」と音声入力します。何だこの言葉は。なんでこの言葉なのか知りませんがこういうと・が入力されます
  • 文章を改行したい場合は、「改行」と、音声入力するとできます。
  • 他にも文章打つときには、、や。も音声による入力することが可能です。

 

それ以外の事はこちらに詳しく載っていました。

iPhoneのSiri音声入力での記号入力方法をまとめてみた(2017/10更新) | 節約テクノロジ

 

音声入力を使ったブログの更新方法

上記の通り、まずは音声入力でブログを入力していきます。

しかし、さすがに音声だけではきちんとした文章の形式とならないです。

例えば、漢字の変換とか音声入力できな言葉もたくさんあるかと思います。

 

なので、

 

「ある程度の記事を音声入力後に、手動で一つ一つ文章を手直しする」

 

と、言うような流れでブログを更新すると、これまでよりも3倍は早くブログ更新することができるようになりました。

 

音声入力の欠点

入力がとにかく早くなる音声入力ですが、これまでのキーボードの入力に比べると欠点があります。

 

それは、

 

「1人じゃないとできない」

 

と言うこと。

 

別に周りの目が気にならない人なら良いのですが、自分は例えばマックとかでブログの記事を書くときに、1人でスマホに向かって喋るのは勇気がなくて出来ませんでした笑。

 

また、家でも子供とか妻がいる前で同じように音声入力するのも、さすがに勇気がいるので自分にはできませんでした。

 

今も部屋で1人で音声入力しています。

 

そういえば、以前出張で飛行機に乗ったとき、音声入力でメールを一生懸命入力している人がいましたが、見ててなんか恥ずかしかった。。。

 

なので、音声入力をするときは、

「1人の環境の時」

に、限られるのではないかと自分は思っています。

 

最後に

ということで、自分のブログの更新方法を紹介してみました。これは誰にでもできることなのでよろしければやってみてください。非常に早く終わりますので。

【スポンサーリンク】