グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




Jリーグ第5節 名古屋対札幌

スポンサーリンク

名古屋は長谷川がリーグ初スタメン。他メンバはこれまでと変わらず。

 

序盤、札幌の前からのプレスに押され、前に大きく蹴っても致し方ない場面もあったが、GKも含めたパス回しでこれを回避。まあもうちょっとで危ないところでしたが、それでもあのハイプレスの中、しかも前半早々で勇気を出して自分たちのパスサッカーを貫いたのはお見事。

 

オープニングシュートも名古屋。右、中央、左とパスを回してから中央で落としたボールを米本がシュート。流れはいい感じでした。

 

前半11分のピンチ。ワンタッチでゴール前にもっていかれ、失点のピンチでしたがランゲラックお見事。

 

そして前半17分の先制点。数的優位があったとはいえ、シミッチのパス、和泉のドリブルからのシュートはうまかった!シャビエルもさすがにふかさずさくっと蹴って先制点ゲット。

 

からのあっという間に3-0

 

札幌も決して弱くない。むしろ強い。ゴール前の攻めでは技術力ある前線の選手が何回も攻めてきたのは怖かった。

 

でも今回の名古屋の前線はよりすごい。先制しているせいか、みんな余裕をもってプレイしているように見えました。

 

米本は攻撃は決して得意ではないと思うのに、思い切っていけるときは縦パスを意識しているように見えました。

 

シャビエルは、もう余裕そのもので、相手が足を出してきたときにテクニックを如何なく発揮していましたよね。ここまでシャビエルがテクニック見せるのは、なんかJ2の時以来な気がしました。

 

サイド攻撃も冴えていて、特に和泉。ドリブルがきれっきれ!そしてその後ろにいる吉田も、長友を彷彿させるような攻めを見せていたと感じました。

 

4点目のゴールなんて、ドリブルといいシュートといい、完全にフットサルの動きに見えましたよ自分は。要はそれほどテクニックを発揮できたということです。

 

今日は全体的に、ゴール前の決定的なパスの際に必ずおとりの選手がいたのが印象的でした。相手はそっちにもつられるので、結果ボールもった選手がフリー、なんて機会がいくつかありました。

 

53分の相手の攻め危なかったですが、ランゲラック様様でしたね!まー、シュートは正面ちっくでしたが。

 

しかしまあ、早々に4-0にしたし、無失点だったのはいいが、後半30分くらいノーゴールなのが気になりました。

 

66分のジョーのシュートも決めるべきですよね。のびのびとやっている中ではありましたが、ああいうチャンスは確実にとらえてほしいなと感じました。

 

71分なんて、本来長谷川がそのままシュートにいくところを、明らかにジョーにパスしてましたね。

ジョーに点をとらせるように。

それくらい今回は余裕をもってプレイするのはいいが、結局決められていないのがなんかなー。

 

まー無失点で大量得点という結果だから、こういうのは闇に葬られるのだろうが、優勝を経験している名古屋サポはこういうの見逃さないような気がしましたがどうでしょうか。

 

とはいえ、前節のF東京戦の敗戦から見事に復活しましたね!ここで勝ったということは、去年のようなことはないのかなと思います。

 

あと、長谷川の起用も当たりでしたね。FWはほんと層が厚い。次は誰がスタメンになるかなー。次回にも期待!!

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】