ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。

2019年J1 名古屋vs磐田

スポンサーリンク

東海ダービー、そして元名古屋の田口がいる磐田戦。

 

名古屋のスタメンは、前節脳震盪を起こして途中退場したランゲラックが抜け、代わりに武田がスタメン。その他は前節と変わらず。

 

2トップの片方はまたも長谷川でした。

 

試合開始後から、パスをつなぐ名古屋、カウンターをしかける磐田。オープンシュートも磐田だったし、その後も磐田ロドリゲスがゴールを脅かす。

 

前半は名古屋もボールをよくまわすのだが、アタッキングエリア付近までいったところからがうまくいかない。攻めには攻めていて、ボールはよくまわるのだが、ラストパス、またはその1本前がどうしてもつながらない。

 

そして、磐田もカウンターを仕掛けるが、これまたなかなかチャンスは得られず。

 

そんな中で前半終了。

 

後半は名古屋の左サイドから、少しずつ攻撃の形ができてきた。

ただ、今までのような動きができない長谷川、前節に続き、なんかこう調子が今ひとつな場面がちょこっとだけ見えてきたシャビエル。それも合ってなかなかゴールを奪えない感じに見えました。

 

しかし後半25分、コーナーキック後の流れからシャビエルが浮き球にジョーに出し、それをジョーがヘッドで名古屋先制。

 

まず、シャビエルのパスが見事でした。急いでパス出してしまっても致し方ないあの中で、冷静にプレーを選択し、ジョーに浮き球を出したのは見事でした。

 

そしてジョー。相手のクリアミスもあったものの、それを見逃さず、ボールがワンバウンドのところを迷わずヘッドをしたのもさすがだと感じました。相手なんて足を伸ばしているのに届いていませんでしたもんね。

 

そしてゴールに吸い込まれる瞬間、DF丸山がゴール前まで詰めていたのですが、ここはボールを触らず、ボールはそのままゴールへ。

 

後ろからきていたので、あのときボール触っていれば丸山のゴールになっていたのではないでしょうか。それでもボールを触らず、相手をスクリーンアウトするような形でジョーのヘッドがゴールに吸い込まれるのをお膳立てした丸山には優しさを感じました。

 

その後、名古屋はこの日も本調子でなかった和泉に代えて相馬、そして長谷川に代えて前田。前田は開幕以来の出場でした。

 

FWは序盤点をとった赤崎が控え、去年ブレイクした前田もこれまでベンチ外と、本当に層が厚い。

 

そして、さらにその10分後、後半31分にはシャビエルが自らバツ印を出し、交代は杉本でした。こちらも開幕以来。ピッチに入ってからは、おしゃれなヒールパスを披露。オフサイドとなったが今後の楽しみを感じるプレーだった。

 

短い時間の中でも、ゴール中央でドリブルで相手との勝負を選択するなど、安定を求めず、アグレッシブにチャレンジする姿も今後の楽しみを感じた。

 

ロスタイムは4分と長かったが、なんとか試合終了。

 

シャビエルが心配だが、とりあえず勝ててよかった。

 

時節にはランゲラックは戻るのかな。とはいえ武田も実力があることはこの試合でも十分わかりました。さすが楢崎を引退に追い込んだだけある。