ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。



【スポンサーリンク】




2019年 J1 第9節 名古屋vs広島

スポンサーリンク

 

名古屋はシャビエルが不在で、代わりに前田が入り、残りはこれまで通りのスタメン。

シャビエルは前回の途中交代の際の足の痛みかな?

 

さて、試合のほうですが、前半は名古屋のほうが圧倒的にボールを支配したように見えました。

 

基本的に名古屋が開いて陣地で攻め、ボールを奪われたりカットされても、セカンドボールも名古屋。

 

また、パス回しが冴えたためか、前半はほとんどスローインの場面がなかったようにも見えました。

 

ひたすら名古屋が攻めましたね。

 

そんな中、前半37分、この日開幕戦以来のスタメンとなった前田が先制弾。

FWはジョーは確定なので、もう一人を赤崎、長谷川と争う中、見事に今回のチャンスを活かして結果を出すことができた。

 

その後も攻め続けた名古屋だったが、前半ロスタイム、カウンターであわやの場面。

まるでロシアW杯の日本対ベルギー戦を思い出させるようなカウンターだった。

 

後半もメンバーはそのままで試合再開。

 

後半開始早々、ランゲラックが何やら足の裏をアピールして試合中断。

スパイクのポイントがとれたか知らないが、これにより試合が2分近く中断したため、広島ファンからはブーイングが。まあこれは致し方ない。GKだし。

 

結局何だったかよくわからんまま試合再開。

 

その後は広島のペースに。

 

名古屋はボールをもつと、左サイドの時は広島はボールをとりにこないのだが、

右サイドに行った瞬間に強烈なプレスをかけてきた。

宮原がいたからか?

 

サイド違いでプレスの掛け方が全然違ったので気になった。

 

外してくれたり、ランゲラックの好セーブでなんとかしのぐ。

 

そして72分、ダイレクトパスの連携からジョーにラストパス。

トラップが浮いてしまったせいか、ジョーはこの好機を生かすことができず。

 

その後も広島が攻めるが、ランゲラックの活躍もあり、試合終了。

 

去年ぼっこぼこにやられた広島に1-0の勝利。これはでかい。

 

 

守備は、ランゲラック以外ですと、吉田の守備が光ったように見えました。

中盤はさすがシミッチ。この日も攻守に渡り顔を出していました。

FWは前田が結果を出したし、長谷川も攻撃の要所で顔を出せていた。控えには赤崎もいるので、正直今はだれが出ても結果を残してくれそうな感じがする。風間監督はうれしい悩みを抱えているのではと。

 

 

試合後、広島サポに挨拶にいった宮原と千葉、どちらも拍手で迎えられ、コールもしてもらっていたので微笑ましかった。2人とも広島サポに愛された選手だったんだなー。

 

今回は、GWで帰省したため、久々に豊スタで観戦できました。

また、入場者数も40,000人ジャストと珍記録達成。これてよかったー。

 

さて、次回はアウエーで湘南戦!期待しかないです!

【スポンサーリンク】