ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。

【2019 J1 第11節 名古屋vs浦和】~サポーターの声援は互角。しかし試合は~

スポンサーリンク

すさまじいボールポゼッションだった・・・

スタメンですが、前節力を発揮できなかった和泉に代え、最近好調の前田でなく、マテウスを起用。その他はこれまでと変わらず。

 

試合開始直後から果敢に攻めてくる浦和。あっという間にコーナーキックをとられたが、こぼれ球をシャビエルの華麗なボールキープでここから名古屋ボールに。

 

シャビエル→米本とつなぎ、米本が相手を引き続けた状態で長谷川にパス。浦和はたまらず味方同士でスライディングしてしまう始末。最近米本のパス能力が非常に目立つ気がします。本人は攻撃苦手みたいなことをインタビューで言ってた気がするが、名古屋にきてそれがすごく成長しているように感じる。

 

シャビエル、前節と違い今日は調子が戻ってそうな印象を感じた。前半早々から足裏を使ったボールキープやクロスなど。

 

そしてマテウス。危ない場面でパスミスはしたものの、試合開始から逆サイドまで走るなど、元気よく走る。

そして16分、ジョーの落としを強烈なシュートで今季初得点。キーパーの手を吹っ飛ばす強烈シュート!

 

いつものポストプレーなど、ルヴァンカップの得点で調子を取り戻したのか、ジョーの動きも元に戻ってよかった。

 

その後は攻め急がず、ディフェンスラインでパスを回しながらスキを伺い、縦パスで一気にゴール前まで迫る名古屋。

 

パスサッカーも冴えていて、現在のサイドが詰まるとすかさず逆サイドに展開するなど、コンパクトな陣形の中で、コートも広く使ってプレーできていると感じた。

 

からのまたマテウス。オーバーヘッドもそうだが、シュートをするときの思い切りのよさがいい。これまで出れなかったうっぷんを晴らすかのようなプレーであり、この思い切りの良さは見ていて気持ちいい。

 

35分あたり、とられても取り返すことが2度あった。前からのプレスもうまくいっていると感じた。

 

41分、宮原のヘッドでの落としをジョーがダイレクトで強烈なシュートを放ち、これで2-0。

このシーンといい、浦和のボールへのヨセが甘いと感じたのは自分だけか。

 

ヨセが甘いせいか、名古屋はシャビエルが相変わらず魅せるなど、皆気分よくプレーできていた。

 

前半43分のシャビエル→ジョー→シャビエルからのセンタリング、シャビエルの浮き球のパスをワンツーで出すジョー。お互いのレベルの高さを感じた。

 

今日は米本がパスだけでなく、ボールを運ぶシーンが目立つ。パスに続き、ボール運びの能力も伸びているのか。

 

後半、前半と流れは変わらず。

長谷川に代えて前田。いきなり相手と入れ替わる形でパスを受け、チャンスを演出する。その後も基本勝負にいき、シュートも積極的に打つが不発。まあ仕方ない。

このくらいのアグレッシブさがあってもよいかと。

 

後半も、前半と同様圧倒的にボールを試合し、そのまま2-0で試合終了。

名古屋もすごかったが、やはり相手のヨセが甘すぎた気がするので、その中でこれだけパスを回せたのはある意味当たり前か!?