グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019 コパアメリカ 日本vsチリ

スポンサーリンク

トルシエジャパン以来のコパアメリカ。

こんなにいい経験はあまり出来ないのに、トルシエの時と同様にベストメンバーが組めずに残念極まりない。

 

拘束力がない試合である以上、クラブ側からすれば選手を出す理由がないので仕方ないのですが、ほんとに残念ですね。

滅多にない機会なので。

 

さて、試合のほうですが、

試合開始直後は、とりあえずロングキックするなど、前からのプレスに苦しみ、全体的にやや焦りが見られたが、すぐにいつも通りのプレーに戻った日本。

 

久保と中島の個人技が目立ち、彼らが一人かわして運ぶとチャンスが生まれる。そんな展開だった。

 

守備も、思ったほど崩されることなく時間が過ぎていたが、前半終了間際のコーナーキックからの失点。

打点高かったですね。。。

まーこんだけ高い打点でやられるのはしゃーないなと。

 

後半会議後も早々に失点。

 

ダイレクトでシュート打たれたが、ちょっとヨセが甘かったかなと。

 

その直後、相手ボールを奪った柴崎からの決定的なパスを外してしまう。しかも枠外。ここで決めていれば。。。

その後も決定機がいくつか。

 

まあ日本代表に「決定力不足」は永遠の課題なんでしょうね。

もう20年くらい前から言われているし。

 

結論、0-4とボコボコにやられてしまいました。

ニュースも掲示板も厳しい意見のオンパレードですが、

まあ、コパアメリカだから仕方ない、じゃあだめですかね笑

 

ベストメンバーでないのに、守備に徹することなく、前からガチンコ勝負した結果なので、これはこれでありというか、仕方ないとも思いました。

 

こういう”自分たちのやりたいことを実践”した結果、ボコボコにやられてしまうのはほんと仕方ないかと。

勝ったら「やっぱ自分らしくいけてよかった」

負けたら「こういう大会なんだからもっと守備的に・・・」

とか、もう結果論ですもんね。

 

0-2となってから、前がかりに行った結果、2失点しましたが、前がかりにいったことを褒めてもいいじゃないですかねー。

甘すぎ?

 

ただ、パス回しはもう少しまともにならないのかなーと。

今日は久保、柴崎、中島の個人技でいくつかの打開はあったが、なんかチームとして崩した!敵なのがあんまなかった気がしたので。

 

いい感じで攻めていてもサイドバック(特に左サイドかな)がトラップミスするとか、いろいろと技術力に?と思う機会もあったなー。

 

そういう意味では、名古屋グランパスのやってるサッカーって、改めてレベルが高い、且つボールを止める能力が素晴らしいなと感じた試合でもありました。

 

名古屋の選手一人も代表に居ませんが笑

 

次の試合も劣勢の可能性が高いですが、自分としてはとにかく自分らのサッカーを貫いてほしい。

 

そして、勝てとは言わんが、点をとって、これは負けても仕方ない、というような試合をしてほしいなと。

 

あれ?負けることがなんか前提になってしまっている笑

いやいや、ほんと期待してますよ。

いい選手いるわけだし。 

 

とにかく次戦に期待!

 

 

 

【スポンサーリンク】