グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019 コパアメリカ 日本vsウルグアイ

スポンサーリンク

南米の地で引き分けたのは評価してもいいんかなと。

前節のチリ戦は0-4でやられ、試合みたことない人からすると、きっと何もできずやられたんだなくらいしか思わないが、そんなことなかったですよね。

 

さて、今回はウルグアイ戦。自分はJリーグSか見ないので、スアレスとか有名選手は名前しか知りませんが、どんな試合だったのでしょう!?

 

 

試合

チリ戦に比べ、試合開始から慌てず落ち着いたプレーができているように感じた。

   

リブルで勝負して中に入れたり、ドリブルからミドルレンジでシュートなど、序盤から積極的に攻める日本

 

スペースがあるせいか、自陣ゴール前で相手ボールを奪っても、簡単にクリアしないで、きちんと前を見てボールをさばけていると感じた。

 

先制点。中島から三好へパスし、そのまま持ち込んでシュート。シュートも素晴らしかったし、中島のパスもよかった。平行のパスを出すかと思ったら、まさかの前線へのパスだったので。

 

日本1失点目。VAR確認後のPKだったが、ファイル判定、しかもイエロー付きか。。。ちょっと厳しい判定かなと。だってこれコパアメリカよ?

 

こんなファイルでいちいち笛吹いてたら南米だと試合にならんでしょ。

とはいえ、審判は絶対なのでまあ仕方なし。

 

日本2点目。三好のポジションとりがすべてかと。三好2得点。上出来です。ただすみません。三好選手がだれだが知りません笑。

 

ウルグアイの選手交代が印象的だった。

 

日本に勝ちこされた後半、点を入れた直後に選手交代なんてあまり見たことないので。

 

勝負の厳しさを知ってるからこそなのか、それともたまたま前々から出そうとしていたのか。わからないが、点を取られて、それによりキックオフ(試合再開)の前に選手交代をするのはあまり見たことがないかなと。けっこう当たり前なの??

 

日本2失点目。コーナーからヘディングでやられたが、日本DFが遅れたとはいえ、あのコースに決められてはもう仕方ないかと。。。

 

結局2-2で試合終了。

 

岡崎

ファーストシュートは岡崎のシュート。枠外だったけど惜しい機会でした。

そして、日本2本目のシュートも岡崎。やはりこの選手は中央にいると何かしてくれそうな予感満載ですね。今は所属チームであまり試合出ていないみたいですが、やってくれる感は昔から変わらない人気がします!

 

先制点後の試合再開直後のプレッシングなど、”らしさ”を出してくれてなんかうれしかった笑。

 

前半41分の、相手DFのパスをカットしてからそのまま持ち込んでシュート。

 

55分の反転からのパス。

 

どれも昔を思い出させる懐かしいプレイでよかったよ岡崎。

 

ロスタイム、3分に対して1分追加されましたが、追加ってなんだ?初めて聞いたぞそんなの。

 

 

観客

南米の観客の声援が、なんていうか”適格”だと感じた。

 

華麗なドリブルやシュートではもちろん、それ以外にもすごいワンツー、ナイストラップに対しても声援が上がる。

 

観客みんながサッカーを知ってる感満載ですね。まるでみんな評論家みたいだ。

 

あと、観客席を見ても観客がサッカーに詳しいなと感じた。

 

なぜなら、日本と違って前の席ではなく、後ろの席ほど埋まっているから。

 

おそらく試合展開が見えるからだと思うが、さすが南米。。。

 

もちろん、前の席は前の席で、選手の緊迫感が伝わるので、それはそれでありなんですけどね。

 

DAZN

ネットワークが乱れ、動画が再開すると、乱れる前のシーンでなく、随分前や、随分後にシーンが飛んでしまうのは自分だけ??

なんとかならんものか。。。

 

でも、いつでも見れるし、あとから見ると、ハーフタイムに入っても即後半を見れるのはいいですよね。待ち時間なしで試合が見れるので。

 

また、どうでもいいですが、前半終了して、後半開始らへんまでカーソルを移動する際、ちょうど後半開始のところに一発で移動できるとうれしいですよね笑

 

最後に

と、いうことで、強豪ウルグアイにコパアメリカで引き分け。がんばったなーと思いました。そして、ベストメンバーでいけたら、、、とも思った。

次の試合に勝てば勝ち抜きできるかもなので、次戦に期待!

 

 

 

 

【スポンサーリンク】