ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。



【スポンサーリンク】




2019年Jリーグ第16節 名古屋vs清水

スポンサーリンク

スタメン見てびっくり。ランゲラック、シミッチ、ジョー、シャビエルといつものメンバに今回はマテウスもスタメンに。外人だらけだー。

 

そして相手は清水。

清水の応援好きだわー。

「オーレーオーレオレオレッ!」

 

昔から変わっていない応援なので非常に親しみがあります。

 

さて、試合のほうですが、

支配率はいつも通りの6割台。でも勝てない。

 

ジョーのヒールパス、浮き球のワンツー、シュートと見せかけてのパスなど、

きれいなサッカーも見ていて楽しいが、遠目からシュート打つとか、前が空いたら打つとか、いつも通りの華麗なパスまわしの中にほんの少しだけそういうプレーがあるといいのかなーと思いました。

 

あまりにきれいにやりすぎると、プレイも、なんかこう余裕がありすぎるというか、軽いというか、相手が「これは打ってこないな」とわかってしまいますし、相手のディフェンスの際は、少し間合いを空けてボールチェックすることで、ディフェンスが楽になってしまいますもんね。

 

どうせ打ってこないし、すぐパス出すだけだから、と。

 

そういう意味では、前田のプレイがいい意味ですごく目立つ。

 

ボールをもったらとりあえずドリブル。

そしてまずはシュート。

シュートコースなくても、ドリブルで切り込んでのシュート。

 

そういうアグレッシブさが、アディショナルタイムのスーパーゴールを生み出すのかなーと思いました。

強烈な左でしたね。

昔の小倉を思い出したww。

 

彼のようなプレーがもう少し見られたらなよいのかなーと。

 

マテウスもてっきりそういう選手かと思ったのですが違うのかなー。

 

あとシャビエル、決定機外すし、シュート意識ももう少しあってもいいのかなーと。

 

アディショナルタイムにせっかく追いついたのに、その後即失点。。。

ランゲラックも随分決定機を防いでいたのに。。。

 

1失点目は、するするっと上がってきた相手選手をDFがマークせず、そこに通されて失点。特に声をかけている様子もなかったので、ほんとにお互い”譲って”しまったのかな。

 

2失点目は、なんだろう。

センターバックだけ残っていたので、オフサイド取り損ねたのかな?

それとも単なるミス?

よーわかりませんが、またも縦パスから中に通されての失点。

 

現地にいたサポーターはさぞくやしったでしょうね。

 

だってアディショナルタイムで追いついて大喜びもつかの間ですもん。

 

瑞穂で19000人も入ったのに、今回の敗戦は残念だ。

 

ただ、パス回しの技術はやっぱり高いし、見ていておもしろいので、とにかく次に期待!

【スポンサーリンク】