ki-ki-blog~グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ~

アラフォーパパ、KI-KI(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、日々で得た経験や知識の雑記ネタ、パパならではの子育てなど、雑記ブログをやっていきます。



【スポンサーリンク】




2019年J1第18節 名古屋vs湘南

スポンサーリンク

前回はまさかの大学生の完敗。そして、今回の相手はここ最近なかなか勝てない湘南戦。

 

前回の記事にも書きましたが、これまでメモリアルとなる試合は湘南戦となることが多かったが、今回は特にメモリアルとなるような要素はなし。

 

www.ki-ki-blog.work

 

 

さて試合の方は。

 

 

前半キックオフ開始直後のいきなりのパスミス。

これは珍しい。

その後も湘南のプレスに苦しみ、なかなかパスがつながらないことが多かった。

まるでJ2時代の千葉戦のように。

 

でも、時間がたつにつれ試合も落ち着き、それに付随してパスがつながるようになってきた。

 

いつも通りの中央、中央のパス。からのシュート。

 

前半28分のパス、パス、パスからのシュートの流れなんてさすがだとっ感じた。DFラインからゆーっくりパスをまわしていき、きちんと相手ゴール前までまわしてからのシュートだったので。

 

そして、今日の試合も、前節と同様、シュートコースが空いたら積極的に狙っていったように見えたので、”きれいなサッカー”に少し泥臭さが加わったいい感じの攻めだと感じた。

 

ボール支配率も相変わらずで、今日は7割近くあったのではないだろうか。

 

これはネットの復帰が影響しているのかな。

 

ネット、ミスもあるし、あぶなっかしいプレーも散々されるが、ときに光るいいパスを節々に出す。これはさすが。前半16分の縦パスと、ワンツーからのシュートが印象に残った。

 

しかしかしかし、パスやボール支配はよくても、勝てない。。。

 

天皇杯で大学生に敗戦、試合開始早々の丸山の負傷退場、丸山がいなかったとはいえ、前半早々の失点など、正直いい流れでなかったことは事実だが、本当に勝てない。

 

世間では、去年のなぞられ

 

「いつも通り」

「もとに戻った」

 

とか、言いたい放題言われる始末。

 

まあ7試合勝ちなしならここまで言われても仕方ないか。

 

気になるのは、前回の天皇杯に続き無得点であったこと。

 

大学生相手に1点差とかで負けるのはまあ仕方ないで終わるかもだが、3失点、さらに無得点。そして今回も無得点。

 

いい選手はそろっている、パスも回る、ボール支配率も高い。

 

これでも勝てないということは、やっぱり決定率・・・なのかな。

 

今日の試合は相手GKのナイスセーブが多かったのも事実だが、絶好機のシュートが枠外だったり、キレがないシュートが多かったのも事実。

 

いつもはしっかり決めてくれていたからこそ勝てていたのでそう思う。

 

まあ決定力は正直なんとかなるもんでもないから、次の試合に期待するかないなー。

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】