グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019年Jリーグ第21節 浦和対名古屋

スポンサーリンク

コンディションは圧倒的に名古屋有利。試合も前回対戦時は

こんな感じで快勝でした。

 

www.ki-ki-blog.work

 

さて、今回の対戦。。。

 

前半早々に和泉のゴールで先制し、その後も前田のゴールで追加点。前半途中までは本当にいい感じに攻めていたと思います。

 

スタンド観戦しましたが、37000人の観客の大半がシーンとなってたので。

 

追加点後もチャンスはかなりあって、決め切れなかったので、これは危ないなと思っていた矢先に失点。

 

これ、実に痛かった。

 

流れがこちらにあったのに、決定機を外した後の失点だったので。

 

しかも前半終了間際の失点。これで若干テンション下がり気味だった浦和を完全に蘇られてしまいましたね。

 

後半の不甲斐ない試合運びを見ても、この前半の失点がすべてだなと思いました。

 

後半は、ほんとどうしちゃったんでしょうね。

 

いつもは負けても圧倒的なポゼッションなのに、後半は降格したときのようなサッカーだった。

 

まあ、もちろんあの時よりパスがつながるときはつながったのだか、追加点とれる雰囲気が全くなかったですよね。

 

唯一、相馬の突破くらい。ほんとは前田にも期待したんですが、後半は運動量が落ちた挙句に途中交代でしたもんね。

 

それ以外の攻撃面としては、ネットとシミッチも後半はいい感じにパスをちらすことができず、ボールを失うシーンもありました。

 

ジョーはポストプレーはほんっとにさすがだったんですが、まわりがついてっていないなーって感じに見えました。

 

守備では、後半はディフェンスラインと中盤の間がひらいて、そこのスペースを突かれたようなら見えました。

 

3バックといいつつ、守備の時は5バックで守っていたのに、本当にもったいない失点でした。

 

二失点ともランゲラックのせいではないと自分は思いますけどねぇ。

 

 勝ち試合をものにできなかったショックはもちろんですが、それよりもポゼッションが全くとれなかったほうが自分は気になりました。

 

だって、風間サッカーの代名詞だから。

 

3バックにすることで、これまでの圧巻なパスが影を潜めてしまっている。

 

そして、もうどのくらい勝ちから離れているんでしたっけ?

 

10戦か。

 

まー、このタイミングで監督変えるとかはしなくてもいいのかなと。

 10戦勝ちなしってプロとしてはまずいかもだけど、自分はやはりこれまでいい夢見させてもらったと思っているし、ぶれないスタイルは必要だと思うので。

 

 

 

さて、時節は川崎戦。

 

あの伝説的な試合を繰り広げていたのがつい最近のよう。

つーか最近か。

それを思い出すかのようなサッカーをしてほしい。

 

時節に期待!!!

 

 

【スポンサーリンク】