グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




Jリーグ第23節 松本対名古屋

スポンサーリンク

名古屋は松本戦苦手だが、今回は頑張った!

今回の相手は松本。

今思えば、前回の松本戦の敗戦から名古屋はおかしくなりましたよね。

 

前回の様子はこちら。

 

www.ki-ki-blog.work

 

 

松本のアルアインスタジアム。

 

このなんともいえないアウエー感たまらないですね。

いずれ一度いってみようかな。

 

さて、本日のスタメン、またも藤井がCBでスタメン。

千葉を差し置いてのスタメン。年齢も若いし今後に期待できますね。

前節では「10代ながら川崎の攻撃陣を抑えた」と、けっこう

話題になりましたしね。

 

 

やはり名古屋のフォーメーションは4-4-2がいい!

 

4-4-2の名古屋は、勝ち負けはさておき、活き活きとしているなという印象でした。

 

パスが本当によくまわり、ポゼッションは久々に6~7割。

 

3-5-2の時に比べ、前線の選手もよく動くので、いろいろなパスの選択肢があったように見えました。

 

後半は特にボールがまわりましたね。

 

1分以上ボールを支配しているときもあったのではないでしょうか。

 

サイドから中にまわし、だめなら逆サイドにまわし、それでもだめなら一旦さげてから前にもっていく。

 

やっぱり今の名古屋は4-4-2が一番だなと感じました。

 

個人技、とりわけトラップのうまさが目立った

もう一つ気になったのは、個人の技術の高さ。

 

と、いっても自分がわかったのはトラップだけなのですが、名古屋の選手ってあれだけパスをまわして、あれだけ強いパス送ってるのにみんなピタっとトラップしますよね。

 

名古屋にとっては当たり前なのかわかりませんが、あまりに普通にすごいトラップを続けているので気にならない人もいるかもですが、いつもトラップに感激しているめでたい自分であります。

 

今回は松本の選手が、何てことないボールをトラップできず、そのトラップミスを名古屋がボールカット、というシーンがいくつか見られたので、松本には悪いが、両選手の技術の差が顕著にでたな~と感じました。

 

シュート意識の高さも感じたぞ!

今試合、全体的にシュートが狙える時はシュートで終わった機会が多いように感じました。

 

ジョーも、珍しく?前が空いたら多少遠くても得意の左で狙っていくシーンがありました。

 

いつもなら狙わないところなのにな。

 

以前から何度も書いているが、名古屋のパスサッカーはおもしろいしきれいだが、やはりきれいだけでは勝てないと思っているので、このような一種の泥臭さは評価してもいいのかなと思いました。

 

元名古屋選手、なぜいつも活躍するのか!

試合の方は永井の恩返し段を食らいましたが、赤崎の見事なゴールで1-1で終了。

 

松本はいつも元名古屋の選手が活躍する印象しかありません。

 

田中も試合開始からファイル判定にこりずにひたすらハイプレスしてくるし、永井は前述の通り点を獲るし。

 

次回対戦時も活き活きとしててほしいですね。

 

 

【スポンサーリンク】