グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019年Jリーグ第27節 サンフレッチェ広島対名古屋グランパス

スポンサーリンク

広島vs名古屋戦:監督交代後のサッカーは、やはり守備的だった

 

監督が風間からマッシモフィッカデンティ(なんて呼べばいいんだ??)に代わって初陣。

 

スタメンはあまり変化なしでしたね。

今まで不動のサイドバックであった宮原が太田と変わった意外は。

 

丸山、米本、吉田、太田と、元教え子が根こそぎスタメンでしたね。

 

ただ、フォーメーションが3ボランチ2シャドウになったのが変化点。

 

さてさて、試合のほうは前監督のときとどのように変わったのでしょうか。

 

 

やはり守備的なサッカーという印象

開始早々のダイレクトパス、シャビエルとジョーのコンビによる攻めを見ると、なるほど攻撃は前監督のベースを使うんだなと思っていたが、まとめに攻められたのは前半の最初のほうのみに見えた。

 

その後は防戦一方。

 

今までは前線から積極的にプレスしていたが、今日はとりあえず下がって守備の陣形を整えているように見えました。

 

そのせいか、失点シーンであるコーナー以外はそれほど危ない場面はなかったようにみえました。

 

また、こぼれ球も積極的にとりにいかないように見えた。決して走ってないとかじゃなく、なんかポゼッション的な約束か何かがあるのかな?と感じた。

 

攻めで期待できると感じたところ

ずっとではなかったが、ジョーのポストプレーは相変わらずの素晴らしい出来で、今日は特にジョーにボールを当てる機会が多いように感じた。

 

ジョーもそのせいか、ここ最近の試合の中でも活き活きしているように見えました。

 

また、シャビエルも前半最初は楽しそうでした。

 

前半早々の縦パスや、ボール運びなど。

 

J2の時の無双状態を思い出しました。

 

 

あと、太田はセンタリングやっぱうまいですね。

今後もスタメンなのかな。

最後に前田。

 

数少ないチャンスをしっかりモノにしましたね。

 

一歩目でトラップと同時にシュートが打てる場所にボールをうつしてのシュート。

 

なのでファーストタッチがすべてでしたね。お見事。

 

結論:今日の試合はつまんなかったなぁ

正直、この試合だけ見た印象としては、

 

「負けないけどつまらないサッカー」という印象でした。

 

いやいや。決して新監督のやり方を批判とかじゃなく。

 

見ていて単純にそう思いました。

 

今まではリアルタイムで見れなくても、あとからDAZNで楽しく見れましたが、今日の試合は退屈だったなー。

 

まあ、J2降格が見えた中なので、あまりきれいごとを言っている場合ではないかと思うし、なんやかんやで負けなければいいかもですが、

 

得点のにおいがしなかった。。。

 

んー、まだ初陣だし、この試合だけでは何とも言えないので、次戦に期待ですね!

【スポンサーリンク】