グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




Jリーグ第28節 名古屋グランパス対大分トリニータ

スポンサーリンク

さっそく小林の古巣対戦だった名古屋vs大分戦

今回の対戦相手は大分でした。

ついこの間小林が移籍したクラブですね。

 

小林もスタメン出場で何よりでした。

スタメン発表の際、小林が紹介された時の拍手も微笑ましかったですよね。

 

さて、名古屋のスタメンですが、前節とあまり変わらず。

 

サイドバックはやはり宮原でなく太田でした。

風間前監督の時には不動の地位でしたが、監督が代わるとやはり多少なりとも出場選手が変わりますね。

 

あと、絶好調の和泉がベンチでアーリアがスタメン。

まあこのへんも守備力を評価した結果なのかはわかりませんが、今までにあまりなかったことですよね。

 

さて、試合のほうですが、

 

 

守備はコンパクトにできていたのでは

これまでと違い、前線から積極的にプレスをかける、ではなく、ゾーンでボールを奪いにいっているように見えました。

 

今までのハイプレスに慣れてしまったせいか、これが観ていてなかなか慣れなかった。違和感ありまくり。

 

まあそのうち慣れるんでしょうけどね。

 

ゾーンは4-3-2-1のフォーメーションをきれいに保って対応していたように見えました。

 

特に前半はそれほど危ないシーンはなかったのではないでしょうか。

 

というか、大分の攻撃があまり、、、にも見えました。

 

簡単にボールロスするし、トラップもイマイチで、そこを名古屋がうまくボール奪取していましたもんね。

 

そういうの見ると、やはり名古屋の選手の足元はうまいなと今一度感じました。

 

攻撃はこれまでの遺産が大きかったかと

攻撃ですが、前節よりはよかったのではないでしょうか。

ポゼッションも、前節は30%台だったのに対し、今回は50%台まであがったわけだし。

 

ショートパスや、相手がプレスをかけてきたときのパス回しはさすがでしたね。

 

明らかに風間前監督の賜物かと!

 

そして、ジョーの惜しいヘディングとかもありましたが、なんやかんやで点がとれず、もう無理かなと思った矢先の赤崎弾!

 

途中出場したネットと赤崎が見事に結果出しましたね。

 

とはいえ、ネットのパス、あれは意図したパスだったんかな。

 

あんなとこにやや低めのセンタリング?自分としてはあんまいいパスじゃないなーと思いました。

 

なので、どちらかというと褒めるは赤崎。

 

あんなパス笑、をよくアタマで合わせてくれました。

アタマにしてはちょっとゴールから距離もあったのに。

 

最後に

ということで、劇的なロスタイム弾でなんとか引き分けに持ち込むことができてほっとしました。

 

反面、鳥栖が勝ったりと、下位との差がますます縮まってきましたね。

 

なので、名古屋もまだまだ降格危ない。こわいなー。

 

とはいえ、今回そんなに酷評するような試合ではなかったかと思うので、次戦に期待!

 

 

【スポンサーリンク】