グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019年J1リーグ第29節 名古屋グランパス対ベガルタ仙台

スポンサーリンク

残留をかけた大事な仙台戦

 

今日は今季の瑞穂最後の試合。

雨にも関わらず観客は満員。

で、相手は勝ち点1差の仙台。

こりゃ負けられませんね。

 

試合前には、この前の台風19号の黙とうがありました。

関東では練習場が使用不可能になったりもしましたもんね。

 

あと、今回の対戦相手である仙台の地でも。

 

さて、スタメンですが、

前回と変わらず、新監督(なんて呼べばよいのかいまだわからん)の教え子がスタメンに。

 

そして、フォーメーションも4-3-2-1。

 

試合開始。

 

序盤はボールを握る名古屋。

 

いい感じでしたが、仙台の攻めが続き、あっさり失点。

その前もランゲラックに2発助けられていた矢先でしたね。

 

守備が課題で、監督交代となったが、今日だけを見ると守備のもろさはこれまでと見た目変わらず、か?

 

 

 

 

その後も、相手ゴール前での攻めはさすが。

ヒールとかミドルシュートとか、相変わらずクオリティが高い。

 

監督変わったから、シャビエルがボールを持つ機会が増えた気がする。

シャビエルでタメを作ってチャンスをうかがうことができている気がした。

 

っと思ったら、いつの間にフォーメーション4-4-2だったのか。

ってことはそれまでの攻めはやはり前監督の遺産かな。

 

後半、シャビエルに代えて赤崎。

ジョーと交代かと思った。それくらいジョーの出来が本調子でない気がしたので。

 

からのシミッチに代えてネット。

 

シミッチ、前半に2回連続で自陣PK内でボールを奪われたシーンありましたね。

 

とはいえ、自陣、しかも1度奪われているのに、懲りずにとりあえず前に蹴らない選択をしたシミッチの度胸にあっぱれ。

 

交代前から攻めに勢いがでていたが、彼らがでてきてより勢いが増してきた。

 

 そして、とうとう太田に代えて宮原。

名古屋サポにとってはうれしい?交代だったのではないでしょうか。

 

太田は、交代前にいいセンタリングあげてましたが、まあ今日の出来なら宮原を見たい人が多かったのではないでしょうか。

 

そして、交代直後のPK。

 

これ痛かった。

 

失点はもちろんですが、交代直後だったのが。

2失点したなら、交代カードは宮原じゃなく、他の攻撃カードも選択できた可能性があるから。

 

試合は負け。

 

後半のいい流れのときに点を決められなかったのが悔やまれる。

とはいえ、相手GKがよすぎたこともあるし、前節より攻撃はできていたと思う。

監督変わった後、試合を重ねるごとに内容はよくなっていると思うので、次こそ期待。

【スポンサーリンク】