グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




会社の昇格試験、迷ったらとりあえず受けよう

スポンサーリンク

会社の昇格試験はとりあえず受ければよし

 

会社勤めして数年経つと、必ず訪れる試験、それが昇格試験。

 

リーダー→主任→課長→部長などのキャリアパスがあり、

会社によって役職名はいろいろありますが、 早いと入社3,4年くらいで

班長クラスの役職の昇格試験を受けることになりますよね。

 

このような昇格試験、受けるか受けないかを悩む人は多いかと思いますが、

結論、自分は悩んだら受けたほうがよいと思います。

 

 

受ければその役職にふさわしい実力がつくから

あまり自信のない人は、このように考えてしまいがちです。

 

  • 自分にはまだ早い
  • たとえ昇格しても足手まといになる

 

自分もそうでした。

 

ただ、実際に昇格試験を受けてみると自分の実力がみるみる上がっていきました。

 

自分の会社は、6月までに昇格試験にエントリーし、年末から年始にかけて技術資料を作成、それをプレゼンし、合否が決まる、というやり方でした。

 

なので、エントリーしてから試験まで半年ほどあったのです。

 

この期間、主任としてふさわしい実力、経験をつけないといけないと思い、これまでと違ってより主体的に業務を進めることができました。

 

そして、それは実際に昇格してからも同じでした。

 

なので、昇格試験エントリー直後から自意識が変わることによるレベルアップが期待できるので、自分がその役職にふさわしいかとかは気にしなくてもいいのかなと思います。

 

 

落ちてもだれも気にしないから

受けるか受けないかで悩むのはここかと思います。

 

  • 落ちたらかっこわるい
  • 失敗するの嫌だなー

 

自分も、一般的にいう係長クラスの昇格試験を一度落ちています。

 

その結果は、正式発表となる前になぜか風の噂でまわりに伝わるし、まわりも

今回の受験者をみて合格予想を勝手にする、というような雰囲気でした。

 

そりゃ、そういう噂されているときや、いざ合格発表(辞令発表)があったときはちょっと恥ずかしい思いはしましたが、そんなの他人が覚えているのももせいぜい3日くらい。

 

あのホリエモンも、恥をかくことについて「だれもあなたのことなんて気にしていないし、人は3日たてば忘れる」

 

旨の発言をしていますしね。

 

なので、昇格試験の結果なんて気にしなくて大丈夫かと思います。

 

人の上の立つ経験は無駄じゃないから

リーダークラスでも主任クラスでも、小組織のトップに変わりなく、そのような立場となって人を動かす経験は、別にその仕事でなくても生きると思います。

 

また、日本国内の場合ですが、年を重ねる毎に、実務経験よりもマネージメント経験を求められることが多いのも事実です。

 

そういうときに、役職という”ハク”がつかないと、そもそも人を束ねるポジションを与えられない場合もあるかと思います。

 

とはいえ、こういうときはどうする?

昇格したらサービス残業が増えるとか、明らかにデメリットが多すぎる場合は話は別かもですが、

 

  • 絶対にマネージメント業務なんてやりたくない
  • 開発などの現場仕事に集中したい

 

こういう考えも確かにあるかとは思います。

もちろん技術力のみを高めるためにずっとコーディングとかの現場仕事を優先するのも一つの手かとは思いますが、一人で行う仕事量はやはり限界があり、チームで開発したほうがより大きな仕事ができることが多いのではないでしょうか。

 

そして、そのような場合、やはり必要なのは、マネージメント能力など、人を束ねる力かと思います。

 

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

  • とにかく受ければそれ相当の実力がつく
  • 仮に落ちてもだれも気にしない
  • そもそもマネージメント能力は将来的にあったほうがいい

と、なります。

 

なので、上記を理由に、やはり昇格試験は悩んだら受けたほうがよいと思いました。

いかがでしょうか。

 

【スポンサーリンク】