グランパス好きでソフト開発しながら子育てするカズキの雑記ブログ

kiki-blog(カズキの雑記ブログ)です。名古屋グランパスを中心としたサッカーネタ、組み込みソフト開発ネタを中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019年J1リーグ第32節 名古屋グランパス対サガン鳥栖

スポンサーリンク

残留をかけた名古屋グランパス対サガン鳥栖戦

 

来年からパロマ瑞穂が改修のため使えないとのことなので、今日の開催場所が気になったが、豊スタでした。

 

さて、本日の対戦相手は鳥栖。

 

開幕戦以来ですね。

 

あの時は4-0で勝って、今年の名古屋はいけるのでは!?

まさか優勝とか!?と、夢見ていた頃でしたね。

あの頃がもはや懐かしい。

 

そして、鳥栖には元名古屋の選手が多い。

金井、豊田、金崎。金井は契約により出場不可とのこと。

 

スタメンは以下の通りでした。

t.co

 

サイドバックは監督お気に入りの太田でなく宮原。

実はお気に入りじゃなかったのかな笑

 

そして、10番シャビエルがまたも控え。

来季シャビエルは残ってくれるのかなぁ。

 

パサーはネット。シミッチは完全ベンチ要員となってしまった。

 

さて、試合の方ですが。

 

 

もう少し動きがあればよかったのかなと

最終的なボール支配率は、DAZNですと50%となっておりましたが、

後半途中まで、ボールは鳥栖よりもよくつなげていたように見えました。

 

特に前半。

 

あの時間で点が取れたらよかったなーと。

 

相手自陣までボールは運べる。ネットにボールが渡る。

問題はそこから。

 

ネットが縦にボールを出せず、前を見る時間が増え、ちょっとそこが

勿体ないように感じました。

 

前線がもうちょい動くとか、後ろの選手が追い越していくとか、そういう流動的な動きがあるとよかったかもしれませんよね。

 

そう、小倉元監督が言ってた名言「5人目の動き」が、ほしかった笑!

 

正直勝ってほしかった

相手の鳥栖、うまい選手がたくさんいるとはいえ、あんまり強くなかったですよね。

正直、この相手に勝てんでどこに勝てんの?ってレベルだったように見えました。

 

なので引き分けは痛い。どうしたFW。

ジョーがやはり気になる。

 

動きに非常にキレがない。

後半終盤の鬼キープから相手ファウルを誘ったのはファインプレーだったが。

 

前半終了時か後半途中にきた、ボールが流れてきたシーンも、決めてほしかった。。。

試合全体の感想

序盤にムウがPK外してくれたのは本当に助かったなと。

あれが決まってたらどうなっていたか。

 

ボールはつなげていた。

守備もよくできていた。

 

後半、早い時間で3人目を交代した後に吉田が負傷したのは痛かったが、これは結果論なので仕方ない。

 

むしろ、早い時間での交代はサポーターをわくわくさせたのではないでしょうか。

 

さて、次戦に気になるのは出場停止選手。

イケイケ和泉、シミッチが出場停止ですね。

 

代わりの選手はどうなるのでしょう。

 

次の試合だけ相馬戻ってきてくれないかな笑

 

そして、とりあえず自動降格は免れた模様。

とりあえず安心ですね。

 

と、いうことで次戦に期待!

 

【スポンサーリンク】