ki-ki-blog(カズキの雑記ブログ)

グランパスを中心としたサッカーネタ(県予選からW杯まで観戦経験あり)、及びソフトウェア開発(学卒から現在までエンジニア活動中)を中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




2019年Jリーグ第33節 ジュビロ磐田対名古屋グランパス

スポンサーリンク

降格争い!ジュビロ磐田対名古屋グランパス

仕事の不具合対応に追われて全然試合見れませんでしたが、鹿島戦の前日にようやく見れたので、もう遅すぎだが記事にします。

 

ちなみに今のところ、今季全試合記事にできています。って聞いてないか。

さて、

この日はすべての試合が同じ時間でキックオフだったため、他会場の結果が

どの節よりも注目された日でした。

 

さて、磐田対名古屋。

 

磐田はこの勝っても、湘南の結果次第で降格が決まるとあって気合十分。

あと、田口がいましたねベンチには。

 

あんま試合でてないっぽいので戻ってこればいいのに。

 

さて、名古屋ですが、メンバーは”いつも通り”。

たた、フォーメーションが4-3-2-1となっており、いつもと違っていました。

 

スタジアムにはかなりの数の名古屋サポが。

 

DAZNで見てても、声援の大きさはそれほど負けていなかったように聞こえました。

 

さて、試合のほうですが。

 

 

前線からプレスしていること

前線からのプレス。風間時代には当たり前のようにやっていましたが、監督変わってからは、「まずは守備」ということなのか、それほど前線で追うことなく、まずは自陣で陣形を整えて相手を待ち構えることが多かったように思います。

 

その点、この試合はいつもよりもより前線からプレスをかけていっているように感じました。

 

見ている側としては前線からプレスにいってくれたほうが気持ちが伝わるので、これは良かったと思います。

 

前線のパスまわしがよかったこと

前半はまあまあ攻めることができていたのではないでしょうか。

 

ボールを相手自陣深くまでもっていったあとのパス回しはもともと高い技術をもっているので、それをある程度は出せていたかと思います。

 

ただ、得点が入らないのは残念でしたね。

 

後半はロスタイムまで眠かった

後半、攻められましたね。そして中盤くらいまでは全然攻められませんでしたね。

 

なので、眠かった。てか寝てしまった。

 

途中大久保にもやられてしまいましたね。

 

まあ、みなさんの言う通りオフサイドだと思いますが、あれはさすがに審判にはわからないのでまあ仕方なし。

 

その後も退屈な試合。

 

途中でおっ!となったのはジョーの決定機。

 

惜しかったなー。

インサイド気味に蹴ってしまったのでまさかの枠外。まあ調子悪いし、仕方ない。

 

で、ロスタイム。

気持ちをもって攻めてくれていましたが、最後に交代した選手。

深堀選手でしたっけ?あれは決めてほしかったー。

 

横からきたボールをインサイドでシュートしてふかすなよ。。。

 

最後に

磐田は勝ったのに降格したのでちーん、そして名古屋は負けたのに実質降格がなくなったのでいぇい。

 

と、いう珍しい結果となりました。

 

個人的には磐田降格は残念です。

 

あの「サルゴリラチンパンジー」の曲の応援が好きだったので笑

 

さて、話を名古屋に戻し、とりあえず降格はなくなりましたね。

とはいえ、現監督のサッカーが今のところはマジで眠いとかありますが。

 

まあ、シーズン終わってから記事にします。

とりあえず次の鹿島戦!ってもう明日か笑

【スポンサーリンク】