ki-ki-blog(カズキの雑記ブログ)

グランパスを中心としたサッカーネタ(県予選からW杯まで観戦経験あり)、及びソフトウェア開発(学卒から現在までエンジニア活動中)を中心に記事にしていきます。



【スポンサーリンク】




グランパスの今季全試合の記事を書くためにやったこと

スポンサーリンク

グランパスの今季全試合の記事を書くためにやったこと

ブログを初めて1年弱ですが、とりあえず100記事書けそうです。

そして、今季の名古屋グランパスの試合の記事は全試合書くことができました。

  

そこで、今回はどうやって全試合を記事にしたかを紹介致します。

 

今回の記事投稿の背景

自分がブログを始めた時、同じように名古屋試合ブロガーが何人かいましたが、月日が経つ毎に更新されなくなっていきました。。。

 

少なくとも自分より良質なブログばかりだったし、勝手に仲間意識を持っていたので、どんどん更新されなくなるのが少し寂しかったですが、続けるということの難しさを知る瞬間でもありました。

 

なので、まがいなりにも全試合を記事にできたこの経験を紹介しようと思いました。

 

DAZN観戦時は記事書きながら観戦した

全試合記事にすると決めていたので、DAZN観戦するときは、最初はPC画面の左にブログ、右に試合映像を配置し、気になるところがあったらすぐに記事として書き上げるか、ポイントだけメモするようにしていました。

 

そして、ハーフタイムでタイトルや試合前の様子などの部分をまとめ、試合後に一気りに書き上げる、というやり方で記事を書き、早ければ試合が終わって数分で記事をUPできました。

 

とはいえ、途中で用事ができたりして試合が観れなかったり、とびとびでしか試合が観れないときももちろんあったので、そういうときはさすがに別の時間に見て記事にしました。

 

スタジアム観戦の場合はツイートをメモに

スタジアムでの試合観戦の際は、もちろんPCを開くわけにもいかないので笑、気になることはTwitterでつぶやくようにしました。

 

それをメモ代わりにし、帰ってからTwitterのつぶやきを中心に記事を作成していきました。

 

こうすることで、自分なりに感じた試合の要点はメモできるし、ツイートと観戦自体を楽しめたので、このやり方はけっこういいのかなーと思います。

 

他者の意見を参考にするようにした

ブログ村の名古屋グランパスカテの上位陣のブログを拝見し、意見やブログの書き方を参考にするようにしました。

 

特にサッカー自体の勉強をさせていただきました。

 

ブログの書き方としては、Twitterで公開されているスタメンのページを必ず序盤に埋め込んでいるブログが目についたので、ここぞとばかりにそのやり方をパクりました笑。

 

また、自分の記事をUP後も他の方の記事やTwitterを読み、ちょいちょい記事の修正も行うようにしていました。

 

試合日程をプライベートで考慮するようにした

試合日から日にちが離れる毎に、試合見る気もなくなるし、ブログを書く気なんてもっとなくなると思い、事前に試合日程を調べ、なるべく試合日には予定を入れないように心掛けました。

 

それにより、なんとか全試合記事にすることができました。

 

ただ、ラスト2試合(磐田戦、鹿島戦)は、試合から5日経過してしまったこともあり、モチベーションの維持が大変だったので、やはりリアルタイム観戦は重要だと思いました。

 

記事は遅くとも翌日までにUPした

これはやっていて思ったのですが、やはり記事を早くアップするかしないかでアクセス数が全然違うと感じました。

 

自分の場合、アクセス数が微妙なのでアレですが、試合後すぐにUPすれば、250人くらいにアクセスいただけました。

 

反面、ラスト2試合のように、試合から5日ほど経過した後だと正直10数人にかアクセスいただけませんでした。。。

 

このあたりは、記事の内容にも寄るかもしれませんが、やはり記事は試合当日、遅くとも翌日までにUPするとよいのかなと思います。

 

最後に

と、いうことで、全試合を記事にしたやり方をご紹介致しました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これまでの要点をまとめると、「要点はメモしながら、なるべく早くUPしよう」って感じですかね。

 

割と昔から名古屋を応援しており、特に盛り上がったのがピクシーが監督の頃でしたが、それでも全試合を見るということはありませんでした。

 

まあ、全試合見れたのは正直DAZNの存在が大きかったです。

 

来年もDAZN観戦が中心にはなりますが、試合についての記事を継続していく予定ですので今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】